小川蜜カス本舗について

メッセージ

大正十年創業以来、小川蜜カスのカステラは、伝統製法を守りながらも改良をかさねてまいりました結果、銘菓「蜜カス」として、永年にわたって多くのお客様から高いご評価をいただいております。

職人が丹誠込めて一枚一枚丁寧に焼き上げたカステラは、しっとりきめ細やかで、ふんだんに使用した蜂蜜は甘く舌に溶け込みます。

お子様からご年配の方々にまで、どなた様にも喜ばれる贈物として最適かと思われます。

是非一度ご賞味くださいませ。

蜜カス・蜂蜜カステラについて

初代当主小川直次は、当初は長崎のカステラと同じようにザラメをひいて焼いていましたが、その当時は技術が未熟であったためザラメが残っていました。
また、卵の臭みをやわらげるために一般的につかう米あめが当時の山口県宇部では入手困難であったため、代わりに水あめを使っていましたが、卵の臭みをやわらげることができませんでした。

試行錯誤の末、蜂蜜を使ってみたところ卵の臭みをやわらげることに成功しました。
ザラメはどうしても残ってしまうために、ザラメを使わない焼き方を開発しました。

そうしてザラメを使わない蜂蜜をメインで使う蜜カス・蜂蜜カステラが誕生しました。

いまでも試行錯誤と創意工夫を重ね、究極のカステラ創りを追及しています。
また、昔ながらの12斤サイズで焼いています。

小川蜜カス本舗の歴史

大正10年「小川兄弟堂」として創業しました。

初代当主小川直次は光市から移り住んだ当時、眼鏡屋か飲み屋を始めようとしていましたが、
創業まで菓子屋を手伝っているうちに、菓子を面白いと思うようになり、菓子屋を始めました。

創業時は干菓子の製造・販売がメインでしたが、後年、仕入販売をメインに切り替えました。
昭和8年当時、車を所有できるほどに勢いがありました。

 

空襲で建屋とともにあたりが焼け野原になった戦後、焼け残りの小麦粉と砂糖をつかい
お菓子をつくり、近所に無償で配り地域の復興を後押ししました。

 

昭和41年12月 「有限会社小川蜜カス本舗」として法人となりました。

 

平成3年 宇部市厚南地区に支店「中野プラザ店」を開設しました。

会社概要


会社名 有限会社 小川蜜カス本舗
所在地 〒755-0011  山口県宇部市昭和町1丁目4番22号
電話番号 0836-21-0857
FAX番号 0836-31-8668
代表者 代表取締役 小川 伸策
業務内容 和洋菓子の製造・販売
定休日 日曜日(本店)